沖縄旅行の基礎知識

沖縄旅行に格安で行く方法 | ツアー、個人予約、時期を徹底比較

沖縄旅行に格安で行く場合、ツアーが良い?個人予約が良い?安い時期は?最安値の探し方は?などの疑問点があると思います。

今回の記事ではこれらについて解説します。

ツアーが基本的に最安値!レンタカー付でも同様!理由も解説

旅行日程や旅行に行く時期によっても異なりますが、短期(2泊~4泊程度)ならツアー(ダイナミックパッケージ)が基本的に最安値となります。

レンタカーを付ける場合にもツアーでまとめてしまった方が基本的に安いです。ガソリン満タン返し不要などのお得な特典が付いていることが多いからです。

ツアーは、下記の大手が安心でオススメです。

個人的に一番オススメなのは、JALダイナミックパッケージ です。理由は、コスパが抜群に良い上点です。

JALというと高いイメージがあるためにお金に余裕がある人以外は敬遠するからだと思うんですが、お値打ちプランが多く残っています。お金持ちの人はそのようなお値打ちプランには興味はないでしょうし、普通の人はJALのツアーと聞いただけで「高い」と連想してしまい避けてしまうからだと思います。

 

ダイナミックパッケージって?

ダイナミックパッケージって聞き慣れないですが、簡単に言えば航空券とホテルを自由に組み合わせられる選択型のセット商品です。

基本的に最近は、このダイナミックパッケージが主流です。飛行機の便の時間やホテルに選択肢があり、それなりに自由度が高いです。

ツアー=ダイナミックパッケージ

と思っても良いです。

航空券も選択肢の中から好きな時間を選べますし、ホテルも同様に選択肢の中から自由に選べます。セミオーダーのようなイメージですね。

料金の目安

あくまで目安です。出発地や時期によって異なります。

日程 一人の旅費目安
1泊2日 3.5万円前後
2泊3日 4万円前後
3泊4日 4.5万円前後
4泊5日 5万円前後

 

ツアーが最安値になる理由

2泊~4泊程度の場合には、格安航空券 + 格安ホテル(エアビーなど)で組み合わせてもツアー(ダイナミックパッケージ)の方が基本的に安いです。

実際に格安航空券を予約してみれば分かることですが、格安航空券の往復料金よりもツアーの方が安くなることがほとんどです。

なぜ、ツアー(ダイナミックパッケージ)の方が安くなるかというと「旅行代理店だけに安く航空券が卸される」からです。

格安航空券のサイトを見ると往復1万円程度のものもありますが、夜出発の早朝帰りみたいなものが格安なだけで、まともな日程のものはその金額では買えないです。

ツアーのメリットとデメリット

ツアーの場合注意が必要なのは、一人だけ日程が違う場合などは対応できないという点です。

一人だけ、飛行機の便をずらす、2日目から合流する、などには対応出来ません。別途その人は個別に申し込む必要があります。

ダイナミックパッケージのメリット・デメリット

メリット デメリット
・比較や申込が楽
・基本安い
・保証がある
・選択肢が限られる
・個別対応NG

個人予約のメリット・デメリット

 

メリット デメリット
・日程などが自由
・長期なら安い
・手間が多い
・保証がない

 

沖縄旅行のツアーを徹底比較!

ここでは、2017年9月8(金)~10日(日)の2泊3日プラン、東京―那覇でサイトごとの比較をしてみましたので参考にしてください。

◆比較の条件

・2017年9月8(金)~10日(日)
大人3名、2泊3日プラン
・東京―那覇の往復
・那覇市内のホテルに宿泊
・2017年7月5日時点の申込み
・フライトの時間帯は極力同じもの
・ホテルは最安値プラン

るるぶトラベル

一人当たり料金 ¥37,800 ※料金画像
宿泊先 ホテルサン・コ~ラル
ホテルグレード
食事 なし
航空会社 JAL
行き (羽田)08:25発
(那覇)11:00着
帰り (那覇)18:35発
(羽田)20:55着

飛行機はJALにて確保できました。ANAやジェットスターなどもありますが、JALやANAでも十分に安いプランがありますし最安値になることもあります。ただ、今回選択したホテルのグレードは低いです。もちろんグレードを上げることもできます。その場合の料金もそれほど高くはありませんので組み合わせてみましょう。

>>るるぶトラベル

JALダイナミックパッケージ

一人当たり料金 ¥42,600 ※料金画像
宿泊先 スマイルホテル那覇シティリゾート
ホテルグレード
食事 なし
航空会社 JAL
行き (羽田)08:25発
(那覇)11:00着
帰り (那覇)18:35発
(羽田)20:55着

JALと聞いただけで高くて選択肢から外す人が多そうです。むしろそこが狙い目です。JALダイナミックパッケージで予約する人はほとんどがお金に余裕のある人です。なので、選択肢の中の安めのホテルは残っていることが多く、一般庶民にとってはお手頃価格でJALの企画する高級ツアーに参加出来るイメージです。このプランでこの価格なら間違いない!他の人には教えたくないと思うコスパだと思います。

>>JALダイナミックパッケージ

Tトラベル

一人当たり料金 ¥46,600 ※料金画像
宿泊先 那覇東急REIホテル
ホテルグレード
食事 朝食ビュッフェ付き
航空会社 ジェットスター
行き (成田)08:45発
(那覇)11:40着
帰り (那覇)18:55発
(成田)21:30着

飛行機が成田発着なのが人によっては大きなマイナスポイントになると思います。航空会社はジェットスター以外もあるようですが、あらかじめ選択できない仕様になっています。TトラベルはTポイントが貯まるので貯めたい人には超オススメですね^^
それ以外の人には選択肢の一つという感じで優先順位は高くありません。

>>Tトラベル

スカイパックツアーズ

一人当たり料金 ¥47,800 ※料金画像
宿泊先 那覇グランドホテル
ホテルグレード
食事 なし
航空会社 スカイマーク
行き (羽田)08:40発
(那覇)11:30着
帰り (那覇)17:05発
(羽田)19:35着

個人的にはあまりオススメではないですね。飛行機はスカイマーク一択です。提携のホテルが少ないように感じます。プランの選択肢が狭く価格も他と比べると安くないと感じました。といっても、十分安い価格だとは思いますので、他のサイトと比べながらの利用になるでしょう。優先順位は低めでいいと思います。

>>スカイパックツアーズ

楽天トラベル

一人当たり料金 ¥57,100 ※料金画像
宿泊先 ザ・ナハテラス
ホテルグレード
食事 なし
航空会社 JAL
行き (羽田)08:25発
(那覇)11:00着
帰り (那覇)18:35発
(羽田)20:55着

今回はホテルのグレードが高いところしか空いていなかったので一番高いプランとなりました。楽天トラベルは、個人的にはオススメです。飛行機もJALとANAから選べますし価格も安いです。安めのホテルが空いているかどうかがポイントです。

>>楽天トラベル

これらの比較をよく見ると、一番安いるるぶトラベルと一番高い楽天トラベルのホテルのグレードを比べれば一目瞭然です。楽天トラベルで見つかったザ・ナハテラスは高級感のあるホテルであることが分かると思います。

 

結局、安くできるかどうかはホテルの空き次第ということになります。

 

また、飛行機も満席になるような良い時間帯の便は割高になりますし、ホテルも同様です。それらを自分自身でプランニングできるのがダイナミックパッケージの面白さなのです。

 

人気のない時間帯の飛行機であれば安上がりですが、一般的な感覚で言えば間違いなく不便です。ホテルも安いところを選べば品質は低くなります。妥協点をプランに反映できるのがダイナミックパッケージのメリットです。

 

一概にこのサイトが良いということは言えませんので、ご自身で納得できるまで各サイトで検索してみるのが良いでしょう!きっと気に入るプランが見つかると思います。

注意点としては飛行機やホテルの枠はそれほど多く抑えられているわけではありませんので、優柔不断で決断できずにいると本当に一瞬の差でほかの人に取られてしまうことも多々あります。

ツアー以外で安く行く方法

マイルや民泊などを駆使すれば、かなり安く行くことが出来ます。

[blogcard url=”https://www.xn--kckai3iiy4u.com/okinawa-mile/”]

マイルを貯める必要がありますが、個人的にはマイル×民泊(Airbnb)がオススメですし、かなり安く行くことが出来ます。

※Airbnb(エアビー)は、今なら新規無料登録で3500円分のクーポンがもらえるのでさらに安く泊まれます。

⇒ クーポン付きAirbnbの登録はこちら

繰り返しになりますが、【格安航空券 × ホテル】は意外と高いです。相当安い宿に泊まったとしても、ツアーの方が安いことが多いですしレンタカーもセットで借りた方が安いのでマイルが無いのならばツアーの一択です。

⇒ DeNAの国内航空券検索サイト

 

レンタカー予約なら50社から最安値を比較できるスカイチケットレンタカーで徹底比較もできます。

 

⇒ スカイチケットレンタカー

長期で行くなら個人予約が安い

ツアーが安いのは、2~3泊の場合です。5泊するならば格安航空券×民泊が安いです。

ツアーの場合には、2~3泊程度ならリーズナブルなのですが、泊数が増えるごとにホテル代金がかさんできます。ですので、4泊以上の場合にはツアーと個人予約を比較してみる価値はあると思います。

場合によってはウィークリーマンションを借りた方が良いかもしれません。

 

個人的にはスカイマークが好きですが、格安航空券の一括サイトもあるので便利です。

 

あのDeNAが旅行にも手を出していて、なかなか使い勝手が良いです。

 

⇒ DeNAの国内航空券検索サイト

 

格安宿なら民泊かウィークリーマンション

長期で宿泊するならばウィークリーマンションを借りるのが安上がりになりますが、長期で宿泊する方は、かなりの沖縄好きだと思います。

沖縄旅行に格安で行ける時期は?

これは、オフシーズンです。海水浴出来ない時期(11月~3月くらい)であれば基本的にそんなに高くないです。

その中でも1月、2月は安いです。

世界遺産や戦跡めぐりが目的の場合には、この時期の方が過ごしやすく良いのですが、多くの人が海に入りたいのだと思います。

また、お金を出来るだけかけたくないならば、11月であれば無理すれば海に入れないことはないです。ただ、泳いでる人はいませんし、マリンアクティビティ系もオフシーズンで基本的にはやってません。あくまでお金を節約したい若い学生さんなどにのみオススメ出来る方法です。