沖縄旅行の基礎知識

沖縄旅行の持ち物・必需品リストと注意点を移住者が解説【買い忘れ厳禁】

沖縄旅行の持ち物と注意点について解説していきます。沖縄は本州とは気候も大きく異なりますので、必須のものから、あれば良かったというものまで様々です。

旅行前に買い忘れることのないように準備しましょう。

沖縄旅行の持ち物・必需品リスト

共通

リスト 重要度
日焼け止め
サングラス
ビーチサンダル
帽子
保険証
吸殻入れ
※喫煙者
タオル類
マスク・上着
※飛行機で便利
虫除けスプレー
蚊は多い
ムヒなどのかゆみ止め
蚊は冬でもいる
酔い止め薬
現金・クレジットカード
運転免許証
忘れがち
ETCカード
高速使うなら
予約確認書
紙であると便利
充電器(スマホ・カメラ等)
手持ちバッグ
ビニール袋
何かと便利
水筒
節約するなら
雨具
ヘパリーゼ(錠剤)
飲むなら

ヘパリーゼやウコンはあると良いです。飲み慣れない泡盛を飲むと結構効きます。錠剤タイプの方が効くのでキャンペーンを利用してあらかじめ買って持っていくのがオススメです。

海に入る場合

リスト 重要度
水着
Tシャツ
ゴーグル等
薬用ローション
防水カメラ
浮き輪など
レジャーシート
ハンガー
乾かすのに
シュノーケル
個人でやるなら
ダイビングライセンス
ビーチソックス等
フィンする場合や岩場対策

女性

リスト 重要度
生理用品
コテ
羽織るもの
下着(多めに)
パック

民泊・コンドミニアムに宿泊する場合

民泊・コンドミニアムなどに宿泊する場合でも、バスタオル、調味料、ドライヤーなどの基本的なものは用意されています。

当然宿泊先によって異なりますので、何があって何がないのかは事前に確認が必要です。

リスト 重要度
タオル
ドライヤー
お米
自炊なら必須
調味料
こだわりあるなら

 

沖縄旅行時に気を付けたいポイント

車のYナンバー

車のナンバーでひらがなのところがアルファベットのYの車を見かけると思います。米軍の人が運転する車です。運転が荒い場合が多いのと、万一事故になった場合には、相手が悪くても相当不利になります。また、警察もアメリカと日本の両方を呼ばなければならないので非常に面倒です。実際、移住してYの車が事故しているのを何度も見ているので本当に近づかない方が賢明です。

渋滞

那覇市内に限らず浦添、宜野湾なども夕方などは渋滞します。時間に余裕を持って行動した方がいいです。また、沖縄の人の運転は結構荒いですし、割り込みも多いです。特に帰宅時間帯は早く帰りたいのが本当に伝わってきます。特に空港近くは渋滞するのでレンタカー返却時は注意してください。

真夏の日光の強さ

7月8月は本当に暑いです。熱くてヤケドするので日中の海水浴には適さないです。素肌ではなくTシャツなどで肌をガードするのは必須です。

熱中症

真夏に海で調子に乗ると間違いなく熱中症になります。焼き過ぎないというか焼かない方がいいです。本当に旅行が台無しになります。実際、私も一度経験しました。

海の危険生物

沖縄北部の海には、海水浴エリアでも魚が見えます。中には危険な魚もいます。私は知らずにゴマモンガラという危険な魚と危機一髪の経験があります。

 

突然の雨

スコールのような感じで雨が降るので雲行きの確認をしてください。見てれば雨が降るのはすぐ分かります。