観光スポット

おきなわワールドは、エイサー、玉泉洞・鍾乳洞、ハブが見どころ!

おきなわワールドへはガンガラーの谷が隣にあります。

勘違いされている方が多いようなのですが、おきなわワールドは無料で入園できるエリアも多くそれなりに楽しめます。

 

管理人がいった際もガンガラーの谷のついでにプラプラした程度でしたが楽しかったのを覚えています。

 

下記の地図のようにすぐ隣にありますのでガンガラーの谷のついでに立ち寄りやすいのです。

 

おきなわワールド スーパーエイサー

 

おきなわワールドの基本情報

住所:沖縄県南城市玉城前川1336  地図
電話:098-949-7421
営業時間:9時00分~18時00分 (年中無休)
アクセス:那覇空港から車で約30分 沖縄自動車道 南風原南ICで下りて約10分
公式ホームページ

 

おきなわワールド スーパーエイサー

 

ここでは、読者の方からの体験談を掲載させて頂きます。

沖縄県に一年ほど住んでいたことがあり、いかにも観光客がツアーで行きそうな場所なので、混んでいるだろうと敬遠していました。

 

しかし、沖縄に住んでいる友人も行ったことのない人が多いことがわかり、実は興味あるから行ってみようということになり行ってきました。

 

まずは楽しみにしていた鍾乳洞・玉泉洞

 

おきなわワールド

 

外の暑さとはうって変わって、中はひんやりととても涼しかったです。そして思った以上に広く、迫力がありました。下から照らされるライトがまた良い雰囲気です。すぐに見終わると思っていたのですが、なかなか歩きごたえのある距離で大満足でした。

 

そして次に向かったのは琉球王国城下町です。

 

おきなわワールド

 

沖縄らしい町並みを歩きながら、伝統のものを見たり体験したりすることができます。途中ひと休みした「ブクブク茶屋」。目的はブクブク茶を飲んで涼むことでしたが、フレンドリーなお店の方が声をかけてくれ、三線を演奏してくれました。

そしてさらに、三線の弾き方も教えてもらうことができました。そういう沖縄の人とのあたたかいふれあいも、沖縄が大好きになる理由のひとつです。

 

また、一番感動したのはスーパーエイサーのショーです。

 

おきなわワールド スーパーエイサー

 

エイサーのお祭りは行ったことがあり、街中で行う迫力のあるエイサー団体同士の戦いを肌で感じたことがあったので、ステージでやるエイサーってどうなのだろうと勝手に不安に思っていました。

 

しかし、いざ始まってみると男性も女性も本当にかっこよく、全力で披露してくれるエイサーに心打たれました。不安に思っていたさっきまでの自分に反省です。

 

最後にはお客も交え、みんなで輪になってカチャーシーも踊りました。実は私、個人的にカチャーシーも大好きなのですが、踊ったことがありませんでした。昔からカチャーシーに馴染みのある沖縄の人たちの前で踊ると、手が違うとかいろいろ指導が入るので、恥ずかしくて混ざることができなかったのです。

 

しかしおきなわワールドは観光客もたくさんいます。上手い下手関係なく、みんなで輪になってカチャーシーを踊るのは本当に楽しく、大満足の一日となりました。

 

おきなわワールドと聞くと、沖縄にあまり来ることができない観光客が、手っ取り早く沖縄を体感する場所なんじゃないかとか、用意されたものに触れても感動できるかわからない・・・なんて失礼な想像を勝手にしていましたが、そんなの取り越し苦労で、沖縄に住んでいても楽しめましたし、沖縄生まれの友達もとっても楽しんでいました。